正しいクレンジング

クレンジングは、肌にしっかり塗られたものを完全に落とさなくてはいけないので、肌には大きな負担をかけます。

 

 

とは言え、メイクを落とさなかったら余計に肌に負担となりますし、毛穴の詰まりが引き起こされてしまい肌トラブルや老化につながるので、クレンジングできちんと落とさなくてはいけません。

 

 

これを踏まえた上で正しいクレンジングとは、メイクに合わせたクレンジングをすることになります。

 

 

一口にメイクと言っても、コンシーラーとファンデーション、チーク、アイシャドウやマスカラなどのフルメイクや、パウダーを乗せてアイブロウをしただけのナチュラルメイクなどいろいろな方法があります。

 

 

フルメイクなのに、クレンジングは肌を傷めるからといって洗浄力の弱いクレンジングをしたら、メイクが残ってしまいます。

 

 

ナチュラルメイクなのに、オイルクレンジングでがっつり落とそうとすると肌にダメージを与えてしまいます。

 

 

つまり正しいクレンジングをするには、メイクの濃さに合わせる必要があるのです。

 

 

まずフルメイクの場合は、最初にポイントメイクを落とします。

 

 

特にアイメイクはウォータープルーフなど落ちにくいアイテムを使っているので、きちんと落とさなくてはいけません。

 

 

ですのでポイントメイク専用のクレンジングで落としてから、オイルクレンジングで全体のメイクを落とすようにしましょう。

 

 

ナチュラルメイクの場合は、ミルクタイプやクリームタイプなど洗浄力が弱いものでも落とせるので、摩擦が起きないようにたっぷり使って落としてください。

 

 

ただし、どちらの場合も時間のかけすぎには注意しましょう。

 

 

どんなに肌に優しいクレンジング剤であっても肌に負担をかけるので、必要以上に時間をかけてしまうと、バリア機能が破壊されて保湿成分がどんどん失われていきます。

 

 

だからこそメイクに合わせたクレンジング剤を使って、丁寧だけど時間をかけないように素早くメイクを落とすことが重要なのです。

 

 

また、綺麗に落とそうとすると、つい指先に力が入ってしまいますが、強い摩擦は肌にダメージを与えます。

 

 

メイクにあったクレンジング剤なら、力を入れて擦らなくてもちゃんと落とすことができます。

 

より落としやすくするには、手のひらでクレンジング剤を温めて、肌に馴染みやすくしておくのがオススメです。

 

 

逆にすすぎはやり過ぎというぐらいでちょうど良いので、30回ぐらいを目安にぬるま湯で全体をしっかり洗い流しましょう。

 

 

クレンジングは美肌を作る土台を作るものですから、メイクに合った正しい方法で行ってください。

 

 

【必見】肌をきれいにする方法