ターンオーバーとは

肌の健康や美しさというのは、ターンオーバーによって保たれています。

 

 

皮膚の表面は表皮と言いますが、この部分はすべて細胞から作られています。

 

 

表皮は外部のダメージをもっとも受けやすい部分なので、日々劣化していきますが、それでもボロボロにならないのはターンオーバーが行われるからです。

 

 

ターンオーバーは古くなった表皮の細胞を、新しい細胞と入れ替える機能のことです。

 

 

表皮は、一番奥が基底層、その次に有棘層と顆粒層、そして肌の表面となる角質層の4層から構成されています。

 

 

基底層では基底細胞が生成され、分裂して形を変えながら有棘層から顆粒層へと押し上げられていき、最後は角質層まで上がって表皮となります。

 

 

この期間は約14日で、表皮になった角化細胞は核がない状態になり、その後14日ほど肌に留まり最終的には垢となって剥がれ落ちていきます。

 

 

これがターンオーバーのメカニズムで、年代ごとにばらつきはありますが、平均すると28日ぐらいの周期で肌の入れ替わりが行われています。

 

 

ターンオーバーが行われることで、ダメージを受けたとしてもそれがいつまでも残ることはなく、綺麗に回復されるのですね。

 

 

ただし、いつまでもダメージがきちんと回復されるわけではありません。

 

 

ターンオーバーの周期は加齢とともに遅くなっていくため、20代までは28日周期ですが、30代は約40日、40代は約55日、50代になると70日ぐらいかかります。

 

 

このようにダメージの回復がどんどん遅くなっていくと、回復しきれないうちにまたダメージを受けてしまうために蓄積します。

 

 

ですので、年齢を重ねるとしわやたるみ、しみ、くすみなどのエイジングサインが出始めるのですね。

 

 

ですがターンオーバーの周期は年齢だけではなく、生活習慣やダメージの度合いによっても遅くなります。

 

 

睡眠不足や栄養バランスの偏った食事、紫外線を長時間浴びる、外気の乾燥、保湿ケアの不足などもターンオーバーを遅らせる原因になるので、若くても肌老化や肌トラブルが引き起こされるのです。

 

 

また、洗顔をしすぎたり、間違ったピーリングをすると逆に周期が早まることもあります。

 

 

ターンオーバーが早すぎると、肌細胞は未熟で不全角化のまま表面に押し上げられてしまうため、ごわついてしまいます。

 

 

機能も不完全なので、水分保持が出来ず乾燥したり、刺激に対しても敏感に反応したりするので肌トラブルが起こりやすくなります。

 

 

このように、ターンオーバーは肌の状態を司る重要な働きを持っています。

 

 

ですのでターンオーバーの周期を乱さないこと、年齢を重ねたら活性化するためのケアを行うことが、若々しく健康な肌を保つポイントになるのですね。

 

 

お肌を綺麗にする方法