水洗顔の効果

顔は洗顔料で洗うのが一般的ですが、実はいつも洗顔料を使う必要はないのです。

 

例えば、夜クレンジングをして洗顔料で洗ったら、汚れは完全に落ちていますから、朝は寝ている時に分泌された余分な皮脂やホコリを落とせばいいだけです。

 

体から分泌された皮脂や空気中、寝具などのホコリは、水で落ちるので洗顔料を使う必要はありません。

 

逆に、洗顔料を使うと皮脂膜を作るための皮脂まで落としてしまうため、乾燥が引き起こされます。

 

天然の保湿クリームである皮脂膜は肌ともっとも親和性が高いので、基礎化粧品はどうしても保湿力が劣りますから、毎回洗顔料を使うのは肌へのダメージになるのです。

 

その洗いすぎを防いで、乾燥から肌を守りターンオーバーのサイクルを乱さないのが水洗顔です。

 

水洗顔の方法はいろいろと提唱されていますが、基本は名前の通り水で顔を洗うだけです。

 

 

 

ただし肌質は人によって違いますし、肌の状態は毎日変化するので、その日の肌に合わせた水洗顔を行いましょう。

 

テカリが目立つ、毛穴に黒ずみがあるという場合は39度ぐらいで、乾燥していたりツッパリ感がある場合は34度ぐらいのぬるま湯で洗います。

 

普通の状態であれば、人肌程度のぬるま湯で洗いましょう。

 

やり方はいたってシンプルで、すすぎをするように部位ごとに細かくぬるま湯を顔に当てていくだけです。

 

脂浮きなどが気になる部分は少し回数を多めに、全体で30回ほど洗い流したら、清潔なタオルでこすらないように拭いて完了です。

 

水洗顔の効果は、肌の再生力を蘇らせるというものです。

 

洗顔料で皮脂が根こそぎ落とされて、毎日ダメージを受けている肌は再生力が低下するため、水分や皮脂のコントロール機能が乱れます。

 

そのため乾燥肌や敏感肌になったり、皮脂が過剰分泌されてオイリー肌になったりニキビや吹き出物ができたりします。

 

また、肌トラブルが続くとそのダメージによってしわやたるみ、シミなど肌老化まで引き起こされるようになります。

 

水洗顔にすれば、洗顔料のダメージや余計な添加物をまったく与えることがなくなるので、肌はどんどん健康になっていき、最終的には再生力が戻って肌トラブルを改善出来る健康な肌になるのですね。

 

この効果はすぐには現れませんが、続けることで毛穴の詰まりや開きなども改善されて黒ずみも解消出来ますし、水分も保持できるようになるので肌質の改善にも繋がります。
ですので、朝の洗顔はもちろん、メイクをしなかったり特に外出をしなかった日の夜は水洗顔を実践して、肌力を鍛えて美肌を手に入れていきましょう。

 

 

あなたの肌をきれいにする方法