ホルモンバランスが乱れるとどうなるか

ホルモンバランスというのは健康や美容に大きく関わっているので、バランスが乱れるとあらゆる不調が起こります。

 

ホルモンバランスの乱れの症状でもっとも分かりやすいのは生理不順です。

 

生理は女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンの分泌量の変化によって起こるもので、プロゲステロンの分泌量が増えると生理がきます。

 

生理が始まってしばらくは逆にエストロゲンの分泌量が減少するのですが、生理が終わる頃になると増加していきます。

 

このホルモンバランスが乱れると、生理の周期が狂ってしまい生理不順が引き起こされます。

 

そして、エストロゲンやプロゲステロンは肌の状態にも影響を与えます。

 

エストロゲンは、肌の潤いを保ったり、皮脂の分泌量を抑える働きがあり、さらに精神状態を落ち着かせてストレスを緩和する美のホルモンとも言われています。

 

一方プロゲステロンは、メラニン色素の生成を促進したり、皮脂の分泌量を増やしたり、いらいらや憂鬱な気分を助長させたりします。

 

ホルモンバランスが整っていれば、肌の状態もこれらのホルモンの働きによって規則的に変化をしていくので、大きな肌トラブルは起こりません。

 

しかし、ホルモンバランスが乱れて、本来なら肌の調子が良い時に皮脂の分泌量が増えたり、ストレスが溜まったりすると、肌の機能が狂ってしまい肌トラブルが起こります。

 

さらにプロゲステロンの分泌量が増加すると、皮脂の分泌量も過剰になり、角栓ができやすくなり毛穴の詰まりが引き起こされます。

 

そのため、ホルモンバランスの乱れによってニキビや吹き出物ができたり、皮脂の刺激によって肌荒れが起きたりします。

 

また、ホルモンが正常に分泌されないと、ホルモンの分泌量をコントロールする自律神経にも影響を及ぼします。

 

ホルモンバランスが乱れることで、自律神経は分泌量をうまくコントロール出来なくなり、自律神経まで乱れてしまいます。

 

自律神経は分泌腺だけでなく、血液の流れや精神の安定、さらには内臓の働きなど体内の環境を整える働きを持っています。

 

他にも、呼吸や胃腸を動かすこと、体温をコントロールするため発汗を促したり、血流を良くしたりするなど、生命維持活動に関わっています。

 

ホルモンバランスは重要な働きを持つ自律神経を乱してしまうので、うつや倦怠感、動悸や息切れ、冷え性、のぼせ、頭痛など精神や体の不調を引き起こしてしまうのです。

 

他にも、生理痛や不妊、更年期障害などいろいろと辛い症状が起こるので、体のためにも肌のためにもホルモンバランスが乱れないようにしましょう。

 

 

【おすすめ】肌をきれいにする方法