睡眠が不足すると肌にも影響が出る

美肌を作る成分と言えば、コラーゲンやヒアルロン酸、プラセンタ、ビタミンC誘導体などさまざまな美容成分が挙げられますが、人間の体にはもともとダメージを修復して健康な状態を保つ機能が備わっています。
その機能の働きに必要なのが成長ホルモンです。

 

成長ホルモンというと、成長期にある子供のためのホルモンのように聞こえますが、大人にとっても必要不可欠なホルモンなのです。

 

成長ホルモンは、修復が必要な器官に働きかけて回復を促したり、劣化している細胞を再生したり、代謝をコントロールします。

 

つまり、成長ホルモンが不足するとダメージが回復できずに体の機能が低下し、細胞も劣化したままで、代謝も正常に行われなくなるのです。

 

肌というのは、美容成分が補給されれば美しくなる、という単純な構造ではありません。

 

老化やトラブルを改善したり予防するには、新しい肌細胞と古い角質が入れ替わって健康な表皮が保たれる必要があります。

 

そのためにはターンオーバーが正常に行わなくてはいけないのですが、成長ホルモン不足で内臓器官の機能が低下したり、新陳代謝が悪くなると、ターンオーバーの周期も乱れて肌環境が悪化します。

 

このように、成長ホルモンは肌の状態に大きく関わっているのです。

 

肌に重要な働きを持つ成長ホルモンは、寝ている時にしか分泌されません。
しかも、ただ寝れば分泌されるのではなく、就寝してから3時間ぐらい経った一番眠りが深い時に分泌されます。

 

浅い眠りだったり、昼寝のように3時間も寝ないような睡眠では、成長ホルモンは分泌されないため結果的に成長ホルモン不足が引き起こされます。

 

1日2日の睡眠不足で肌に影響が出ることはありませんが、慢性的に睡眠がきちんと取れなかったり、不規則な睡眠だったりするとターンオーバーのリズムが徐々に乱れていきます。

 

すると、古い角質が肌に溜まってしまって、くすみやシミ、たるみ、しわ、乾燥などの肌トラブルが起こりやすくなるのです。

 

また、成長ホルモンの分泌が一番盛んなのは夜10時から夜中の2時にかけてです。

 

この時間帯はお肌のゴールデンタイムとも言われていて、きちんと眠っていると効率よく成長ホルモンが分泌されます。

 

10時に就寝するのはちょっと早いので現実的ではありませんが、この時間帯に眠ることを心がければ美肌に近づくことができます。

 

さらに眠りというのは、体をリラックスした状態にしてくれるので、血行も促進されます。

 

血流が良くなれば、肌に必要な栄養がしっかり行き渡り、成長ホルモンとの相乗効果で美しい肌の土台を整えられるので、睡眠はきちんと取るようにしましょう。

 

お肌を綺麗にする方法