肌に良い良質な睡眠を取る方法

良質な睡眠は成長ホルモンの分泌を促進し、昼間のダメージを回復しながら美容成分の合成も促してくれるので、美肌を手に入れられるもっとも手軽な生活習慣と言えるでしょう。

 

肌のために良質な睡眠を取るには、眠る環境を整えるのが一番簡単です。

 

外部の音や光を最小限に抑えられるように厚手のカーテンにする、快適な湿度と温度を整えられるように加湿器やクーラーを設置するというのは基本です。

 

さらに、自分にあった枕や寝心地の良い寝具を揃えれば、これだけでも睡眠の質がぐっと上がります。

 

ただ、環境を整えるには予算も必要になるので、まずは何も用意しなくても出来ることから始めましょう。

 

まず、睡眠の質をもっとも低下させるのは、就寝前の視覚や聴覚の刺激です。

 

騒がしいテレビ番組やDVDを観たり、スマホやパソコンをいじったりすると、視覚や聴覚が刺激を受けて交感神経が高まります。

 

交感神経は体を興奮させるので、眠いとしても体内活動は活発になってしまい、眠りが浅くなります。

 

深い眠りを得るには副交感神経が優位になる必要があるので、寝る前は本を読んだり、静かな音楽を聴いて過ごしましょう。

 

また部屋の電気の明るさも自律神経に影響を与えますから、就寝1時間ぐらい前には間接照明にしたり、明るさのトーンを落として副交感神経を目覚めさせてあげるのが理想です。

 

ちなみに、コーヒーや紅茶を飲むとカフェインの作用で交感神経が活発になりますし、アルコールを過剰摂取するのもNGです。

 

寝る前の飲み物は、リラックス効果の高いハーブティや神経の昂ぶりを抑えるホットミルクにすると、より一層質の良い睡眠が取れます。

 

就寝までに少し余裕があれば、ぬるめのお湯に浸かるのもオススメです。

 

38度から40度ぐらいのぬるいお湯は、副交感神経を活性化して交感神経を落ち着かせます。

 

ラベンダーやカモミールなどリラックス効果のあるアロマオイルや好きな香りのする入浴剤を取り入れると、さらに効果が高まるので手軽に深い眠りに入れます。

 

ストレッチをすると筋肉の緊張が解されたり、全身の血行が促進されてストレスを解消出来るので、入浴する時間がない方はストレッチをするといいですね。

 

睡眠はただ長時間取れば良いというものではなく、美肌のために必要な睡眠とはレム睡眠とノンレム睡眠を規則正しく行うということです。

 

そのために大切なのは体がリラックスして副交感神経を優位にさせることですから、寝る前の行動が大きく関わっているので、質の高い睡眠を取るために今日から習慣を変えてみましょう。

 

あなたの肌をきれいにする方法