紫外線は肌トラブルを引き起こす

紫外線というと、メラニン色素をたくさん生成してシミやくすみを引き起こす原因となることが有名ですね。

 

ですが、単にメラニンを作り出すだけではなく、あらゆる肌トラブルの原因になるので注意しなくてはいけません。

 

紫外線には、一般的に知られているUV-A波とUV-B波、そしてUV-C波の3種類があります。

 

UV-A波というのは波長の長い紫外線で透過性が高いため、雲っていても地上に降り注いでいます。

 

UV-A波は真皮層にまで届くため、コラーゲンを断ち切ったり肌細胞にダメージを与えたりします。

 

日焼けとしては一時的に黒くなり、短期間で元の肌の色に戻るので影響が低いように思えますが、肌の奥ではダメージによって肌細胞が劣化し老化が促進されます。

 

それにコラーゲンが断ち切られると表皮を支えることができなくなるので、UV-A波を長時間浴び続けることはしわやたるみを引き起こす原因にもなります。

 

UV-B波は、UV-A波よりは波長が短いものの、エネルギーが強いため肌の表面部分に大きな熱を与えます。

 

そのため長時間浴びると軽いやけど状態になってしまい、サンバーンという肌が赤くなる日焼けが起こります。

 

やけど状態になると、肌の内部で肌細胞の核を熱から守ろうとしてメラニンが大量に生成されます。

 

通常であればメラニンはターンオーバーによって排出されますが、UV-B波は角質層にもダメージを与えてラメラ構造を崩してしまいます。

 

そのため水分を保持できなくなって肌が乾燥するので、ターンオーバーが低下します。

 

この状態が長期間続くと、排出されなかったメラニン色素が沈着してしみやくすみが出来てしまうのですね。

 

ちなみにUV-C波に関してですが、この紫外線は非常に波長が短いため、オゾン層に遮られてほとんど地上に届くことはないと言われていました。

 

そのため、日焼け止めはUV-A波とUV-B波に対しての効果しかないのですが、地球温暖化によってオゾン層の破壊が進んでいるため、最近はわずかですが地上に届く場所もあります。
日本ではあまり心配する必要はないものの、紫外線が強くオゾン層が破壊されている地域では注意が必要です。

 

また、以前は紫外線は春から夏にかけて気をつければ良かったのですが、オゾン層の破壊のせいで今は秋や冬でも紫外線が降り注ぐようになってしまいました。

 

ですので、季節を問わず紫外線対策を行わないと、上記のような肌トラブルが起きてしまうので、紫外線の強度に合わせてしっかり防いでいきましょう。

 

【おすすめ】肌をきれいにする方法