乾燥は肌を老化させる

近年は肌の老化が早まっていて、年齢に関わらずしわやたるみなどに悩む方が増えています。

 

肌が老化する原因はいろいろありますが、その原因の一つが乾燥です。

 

極端な言い方をすると、肌が乾燥していなければ老化することはありません。

 

例えば、濡れたハンカチはシワができませんが、くしゃくしゃにしたまま乾燥するとシワがたくさんついてしまいますよね。

 

もちろん肌の構造はハンカチよりも複雑ですが、肌が水分できちんと潤っていれば老化現象であるしわやたるみが起こることはないのです。

 

肌の潤いを保つポイントとなるのは角質層です。

 

角質層はラメラ構造になっていて、角質細胞が積み重なって構成されています。

 

そして角質細胞の隙間をセラミドや脂肪酸などの角質細胞間脂質が埋め尽くして水分を保持し、角質細胞にある天然保湿因子が細胞に水分を蓄えます。

 

また、肌の奥にある真皮層では、ヒアルロン酸が水分を蓄え、コラーゲンやエラスチンがネット状になって肌のハリを支えています。

 

しかし、肌自体が水分を保持する力となる角質層や真皮層の保湿成分が減少したり、ダメージを与えられたりすると、この構造が乱れて乾燥が引き起こされます。

 

その原因は、加齢による保湿成分量の減少や紫外線のダメージ、スキンケア不足、間違った洗顔やクレンジング、食生活などあらゆることが挙げられます。

 

このように普段の何気ない生活活動の中で乾燥が起きてしまうので、何歳であってもしっかりと乾燥対策を行わなくてはいけません。

 

乾燥というと、肌がかさついたりかゆみが出たりすると思うかもしれませんが、このような症状が出るのは乾燥が悪化しているサインです。

 

また、皮脂量が多くても内部が乾燥していることがありますし、症状がないとしても潤いが不足しているかもしれません。

 

肌のツヤがない、指で押すと跡がつく、フェイスラインがたるむなどの症状は乾燥が起きている証拠なので、スキンケアでしっかり保湿しましょう。

 

食べ物からでも、アミノ酸やコラーゲン、ヒアルロン酸など乾燥に効果のある成分が摂取出来るので、意識して摂ってください。

 

睡眠は肌のダメージの回復する成長ホルモンを分泌させるので、しっかり取るようにしましょう。

 

乾燥はいきなりひどい症状が出るのではなく、少しずつ肌を老化させるため、気がついたらシワが深くなったりほうれい線が出来たりなんてことになってしまいます。

 

肌老化は症状が出てから改善しようとしても簡単には治らないので、そうなる前に肌を乾燥させないように気をつけましょう。

 

【必見】肌をきれいにする方法