クレンジングの仕方を間違えると肌荒れを引き起こす

ファンデーションやチーク、アイシャドウなどは毛穴に入り込んで肌の呼吸を妨げるため、大きな負担になりますから、クレンジングでしっかり落とさなくてはいけません。

 

 

ですがクレンジングの仕方によっては、逆に肌荒れを起こしてしまうことになるので気をつけましょう。

 

 

正しいクレンジングの方法はいろいろ提唱されていますが、基本はこすらないことです。

 

 

クレンジングをするとメイクだけではなく皮脂膜まで落としてしまうので、バリアがなくなり無防備な状態になります。

 

 

その状態でさらにこすってしまうと肌に大きなダメージを与えてしまい、色素沈着やしわ、たるみなどの原因になるので、摩擦が起きないクレンジングを徹底しましょう。

 

 

この基本を踏まえた上で、肌荒れを起こさないための正しい方法とは、メイクに合ったクレンジングをするということです。

 

 

クレンジングには、オイルタイプやミルクタイプ、クリームタイプ、ジェルタイプ、拭き取りタイプ、ポイントメイク用など様々な種類があります。

 

 

この中でも、もっとも強力な洗浄効果を持つのはオイルタイプです。

 

 

オイルタイプは肌への負担が強いので、使わない方が良いと言われていますし、実際に敏感肌の方が使うと肌トラブルを起こすことがあります。

 

 

しかし、コンシーラーやリキッドファンデ、コントロールパウダーなど、何層にも重ねたしっかりメイクをしている場合は、オイルタイプの強い洗浄力が必要です。

 

 

ミルクタイプやクリームタイプなどは肌に優しいですが、洗浄効果は劣るのでメイクが残ってしまいます。

 

 

肌にメイクが残ると、皮脂などと混ざり合って毛穴に詰まり肌が荒れてしまいます。

 

 

また、洗浄力が弱いクレンジングを使うとメイクがなかなか落ちないので、こすったり、長時間クレンジングをすることになり肌への負担が大きくなります。

 

 

しっかりメイクをしている場合は、とにかくきちんと落とすことが優先なので、オイルタイプを使うのが正解です。

 

 

 

逆に、BBクリームにパウダーファンデをつけただけなどナチュラルメイクの場合は、オイルタイプは必要ありません。

 

 

ナチュラルメイクなら肌に優しいタイプのクレンジングでも十分に落とせます。

 

 

ただしアイメイクをしっかりしている場合は、普通のクレンジングでは落としきれないので、ポイントメイク専用のクレンジングで落としてから全体のメイクを落としましょう。

 

 

このようにメイクに合ったクレンジングをすれば、肌に余計な負担をかけずメイクが残ることもないので、肌荒れを起こすこともなくなります。

 

 

綺麗な肌になりたいあはたなへ!