タバコは肌に悪いのか

タバコが百害あって一利なしと言われるのは、ニコチンとタール、そして一酸化炭素という有害物質が含まれているからです。

 

これらの物質が与える有害というのは、血液の流れを悪くすること、活性酸素を発生させることです。

 

ニコチンは血管の収縮を促すため、毛細血管などのようにもともと流れが滞りやすい血管は血流が悪くなります。

 

顔の血管は他の部位と比べると細く、また口から入った煙は一番最初に顔の血管に影響を与えるので、急激に血液の流れが滞ります。

 

また、血液は酸素と結合することで、さらさらの状態を保ちます。

 

しかし一酸化炭素は酸素よりも先にヘモグロビンと結合してしまうため、血液内の酸素濃度が低下します。

 

するとヘモグロビンによる赤い色素がなくなって顔色が悪くなったり、血液の状態が悪化して血流が悪くなってしまいます。

 

美容のためにはマッサージをしたり、適度な運動をして血液の流れを促進することが奨励されています。

 

血液がスムーズに流れていれば顔色も良くなりますし、細胞にしっかりと栄養を行き渡らせて美容成分の合成も促すことができます。

 

代謝も活性化しますから、ターンオーバーが活発に行われて細胞の再生も滞りません。

 

ですがタバコを吸うと、ニコチンや一酸化炭素の影響で血液の流れが悪くなるので、肌の栄養不足やターンオーバーの低下が起こり肌トラブルが起きやすくなるのですね。

 

もう一つの活性酸素についてですが、タバコを吸うだけで4000種類もの化学物質が発生します。

 

その中の約200種類は、ダメージの度合いは異なるものの有害物質なので、タバコを吸うと有害物質から体を守るために活性酸素が作られます。

 

もちろん活性酸素は必要なものですが、過剰に作られてしまうと有害物質だけではなく健康な肌細胞まで攻撃して細胞膜を酸化させます。

 

肌細胞が酸化すると、しわやたるみ、しみなどが起こります。

 

しかも、活性酸素はエラスチンを分解するエラスターぜという酵素の働きを活性化するため、エラスチンにダメージを与えてハリや弾力を低下させます。

 

タバコを1本吸うと大量の活性酸素が作られるので、体内はどんどん酸化して老化が促進されてしまうのです。

 

 

さらにタールは黒い色素を持っているので、血中に取り込まれて顔まで運ばれると肌をくすませたり、毛穴に付着すると黒ずみを引き起こします。

 

他にも、タバコの有害物質はビタミンCを破壊するなど、肌の状態を悪くする要素をたくさん持っているので、美肌を目指すなら絶対タバコは止めましょう。

 

あなたの肌をきれいにする方法