20代のスキンケア

20代は、まだまだ肌の衰えを感じることはありませんから、スキンケアよりもメイクに興味が行きがちです。

 

 

コラーゲンやヒアルロン酸など、肌の奥に存在する美容成分の合成量は少しずつ減少し始める年齢ですが、その症状が表に出ることもありません。

 

 

だからと言って油断すると、10年後は一気に老化が表面化してくるので注意が必要です。

 

 

ただし、この年代から過剰なスキンケアをしてしまうと、本来持っている肌の力を衰えさせてしまうことになるので、バランスの取れたスキンケアを心がけましょう。

 

 

20代のスキンケアでもっとも重要なのは予防です。

 

 

もちろん保湿も大事ですが、皮脂の分泌量も多く、乾燥もしづらいので特別に力を入れる必要はありませんから、保湿に関しては普通のケアで大丈夫です。

 

 

ですが20代の受けたダメージは30代以降に現れるもので、特に乾燥に悩まされる方が多いです。

 

 

乾燥はしわやたるみだけではなく、ターンオーバーを低下させて回復を遅らせてしまうので、あらゆる肌トラブルが引き起こされます。

 

 

これを避けるためには、ダメージを出来るだけ与えないスキンケアを行うことがポイントになります。

 

 

まず一番は光老化を予防するための紫外線対策です。

 

 

皮脂の分泌量がまだまだ多い20代は、ベタつきやすい日焼け止めを避けてしまいがちですし、厚塗りメイクになるので省いてしまうこともあるでしょう。

 

 

ですがどんなに健康な肌でも、毎日紫外線を浴びていたらダメージが蓄積されてしまいます。

 

 

紫外線に対しては年齢に関わらず対策が必要ですが、20代からしっかりケアをしておくことが重要です。

 

 

最近はファンデーションや化粧下地にも日焼け止め効果があるものが増えていますが、メイクは時間とともに落ちてしまうので、結果的に紫外線にさらされることになります。

 

 

ですので、スキンケアの一番最後には必ず日焼け止めを一層重ねて、紫外線からのダメージを徹底的に削除しましょう。

 

 

次に大事なのは、落とすスキンケアです。

 

 

夜遊びも楽しい20代は、メイク落としや夜の洗顔をおろそかにしてしまうことも多いのではないでしょうか。

 

 

1日の汚れをしっかり落とさないと、寝ている間に分泌される成長ホルモンの働きを十分に活かせません。

 

 

また毛穴に汚れが残っていると、吹き出物や肌荒れの元になってしまうので、クレンジングと洗顔はきちんと行いましょう。

 

20代は与えるスキンケアではなく、ダメージから肌を守るスキンケアの方が重要なので、紫外線対策とクレンジングに重点を置いてケアしていくといいですね。

 

 

【必見】肌をきれいにする方法