30代のスキンケア

肌の機能が急激に低下する30代は、急に肌トラブルが多くなってきます。

 

 

今までくすまなかった肌が急にくすんだり、吹き出物ができたりし始めて焦ってしまい、メイクで隠そうとする方も多いでしょう。

 

 

ですが、メイクは肌に負担をかけるので、ターンオーバーが衰え始める30代だと余計に肌の状態を悪化させてしまいます。

 

 

そろそろシミやしわなどのエイジングサインも出始めますし、肌の疲れが1日では回復されないのもこの年代です。

 

 

30代になったら、今までのスキンケアを見直して、肌の状態に合わせたケアにシフトしていきましょう。

 

 

まずもっとも重要となるのが、新陳代謝を活性化させてあげることです。

 

 

20代まではちゃんと行われていた新陳代謝も、30代になると低下し始めるのでサイクルを整えてあげる必要があります。

 

 

新陳代謝を活発にするにはとにかく潤いが大事なので、角質層のセラミドや真皮層のヒアルロン酸など保湿成分をたっぷり与えなくてはいけません。

 

 

保湿成分は他にもいろいろありますが、まずはこの2つの保湿成分を中心にしたスキンケアをしてください。

 

 

ただ、いくらセラミドやヒアルロン酸を与えようとしても、ターンオーバーが低下していると古い角質が邪魔して肌に浸透していかないこともあるでしょう。

 

 

浸透させるためには古い角質を取り除かなくてはいけないので、週に1回ぐらいでいいので角質ケアも取り入れるのがポイントです。

 

 

ピーリング石鹸や酵素洗顔料などを使うと、要らない角質を綺麗に落とせるのでくすみも解消できます。

 

 

角質ケアをしすぎると乾燥を招くことにもなるので、肌の状態を確認しながら取り入れるようにしてください。

 

 

もう一つ重要となるのは、年齢とともに目立ってくる毛穴ケアです。

 

 

どんなにケアをしていても、年齢を重ねると重力に抗えなくなりますし、ハリを支えるコラーゲンやエラスチンも減少するため、分かりにくくても少しずつ肌はたるんでいきます。

 

 

その症状が現れやすいのが毛穴で、30代になってから毛穴の開きに悩む方も少なくありません。

 

 

たるみ毛穴は収れん化粧水などで引き締めてもすぐに開いてしまうので、ハリを底上げするケアを行うのが効果的です。

 

 

保湿成分と一緒に、コラーゲンやエラスチンをたっぷり補給して肌を支える力をサポートしていきましょう。

 

 

今ある肌トラブルに対してのピンポイントケアではなく、年齢のせいで衰える肌の機能をサポートすることが30代のスキンケアのポイントなので美容成分が不足しないように補給を心がけてください。

 

 

綺麗な肌になりたいあはたなへ!