40代のスキンケア

40代になるときちんとスキンケアをしていても、あらゆる機能が衰えたり女性ホルモンのバランスが乱れたり、加齢による肌トラブルが多くなっていきます。

 

 

さらに、それまで受けてきたダメージが一気に表面化してくる年代でもあるので、しわやたるみ、くすみやシミなど肌老化も目立ってきます。

 

 

キメも粗くなりますし、毛穴の開きも改善しにくくなり、メイクをしても納得出来る仕上がりにならないことも多いのが40代の肌の特徴です。

 

 

ですが、肌はケアをすれば必ず応えてくれるので、年齢であきらめずにしっかりスキンケアをしていきましょう。

 

 

40代のスキンケアで重要なのは、基礎化粧品をケチらないということです。

 

 

よく、肌を甘やかすと本来持っている力が衰えると言われますが、40代はすでにその力が衰え始めているので、与えすぎても甘やかすことにはなりません。

 

 

逆に肌に厳しくしてしまうと、回復しようと頑張っている力をサポートすることができずに老化が促進されてしまいます。

 

 

例えば、枯れかけている花に新鮮で栄養が含まれたお水を与えてあげれば復活しますが、そのままにしておいたらしおれてしまいます。

 

 

肌も同じで、美容成分をたっぷり与えてあげれば、その栄養をもとにして回復力が復活します。

 

 

ですので、肌が必要としている美容成分を十分に与えるスキンケアを行うことが、肌を活性化して若々しさを取り戻すポイントになるのですね。

 

 

コラーゲンやヒアルロン酸、セラミドなどは30代から取り入れるのが必須ですが、40代になったらまずビタミンC誘導体もプラスしましょう。

 

 

ビタミンC誘導体は、ビタミンCを安定させて肌に浸透しやすくした成分です。

 

 

ビタミンCは抗酸化作用が高いのでアンチエイジングに効果がありますし、メラニン色素を還元する効果があるので、出来てしまったシミやくすみを改善する美白作用もあります。

 

また、コラーゲンの生成をサポートする働きも持っているので、真皮層のコラーゲン生成を活性化してくれます。

 

 

エイジングケアに効果のある美容成分はいろいろありますが、ビタミンC誘導体はトータルして加齢肌に働きかけてくれるので、たっぷり与えてあげましょう。

 

 

40代になったら、スキンケアでやり過ぎということはほぼありません。

 

 

お肌の悩みは人それぞれ違いますが、乾燥肌ならいろいろな保湿成分を与える、美白なら美白成分が入った基礎化粧品を使うというように、ピンポイントで徹底的にケアしてください。

 

 

また、睡眠や適度な運動も大事なので、スキンケアと併せて生活習慣の中でも肌のケアを心がけましょう。

 

 

肌がきれいになる方法とは?